2000年10月号:ネットの活用



 いつの間にかシドニーオリンピックも終わりました。高橋尚子が金メダルがとれて嬉しかった(^_^.)。かくいう私は、彼女のファンなんです。
 鳥取地震もありました。最近、何だか物騒ですね。新聞によれば、相模トラフも「貼り付き」がはがれてきたという調査もあるようです。いずれ起きる大地震ですが、なかなか本腰を入れた対応はできそうもありません。国も、都も、我が家も...。安全にかける金についての判断がなかなかできないのは、日本人だからでしょうか。
#首都機能移転に本腰が入らないのも、「安全」の問題が明確に認識されていないから
 に違いありません。

*  *  *  *  *


 私の最近の買い物の仕方も随分変わってきました。やはりネットで購入する機会が随分増えました。
 まず、デスクトップパソコン。これはSotecにしたのですが、新聞で見ていたあちこちのディーラー、メーカーサイトを比較した結果、格段にコストパフォーマンスが良かったのがこちらでした。さすが、急成長の「SS」(もう一つのSはSONYです)の一角を担う会社だと思っています。
 その他小物類。大抵はパソコン関連ですが、価格の比較には「価格.comが便利です。いくつかの販売店の価格を比較してくれていますから、その中から最も安い店を選択すれば、大抵の商品はあちこちで探すより安い商品を見つけることができます。ところが、ものによってはここだけで決定しない方が良いでしょう。私の買ったプリンターは、行きつけの店で、念のため電話で聞いたら、ほぼ1万円も安かったのです。ところが、この店のある商品は、価格.comより2万円も高かったのです。もちろん、この店は定価販売の店なんかじゃありません。
 最近の私の買い物は、極端に新製品か、中古でもOKという買い方になってきました。パソコン初心者には絶対中古(または新古)の品をお薦めします。というのは次のような理由からです。

  ・初心者は最初から高度な機能を使いこなせるはずがなく、一通りの機能を使いこな
   せるようになる頃には、もう機種が古くなってしまっている。それだったら、最初
   に古いのでなれてから新製品を買っても良いのでは?(もしかしたら、同じ価格で
   2台持つなんてことができるかも)
  ・新OSはいろいろトラブルが多いのも事実。ソフトや周辺機器が対応していないこ
   とも多い(例えば、SONYの新しいWindowsME搭載のVAIOは、P-in Compactとの不具
   合が生じているという報告があります)。

 私の最も最近では「ザウルスMI-310」でした。私のHP200LXを補完するものとして、Webの閲覧・ホテルの予約、手書きメモ、スケッチ等を期待して買ったものです。これは数あるザウルスの中でも比較的良くできた製品で、電池駆動30時間、モデム内蔵、フロントライト付きですから、海外に持ち出しても十分使えるのです。これは2年前の製品ですが、当時の定価は11万円。現在の安売店の標準では6万円くらい。私が買ったのは、2万2500円でした(6000円分のCD、3000円分のケース、その他充電池セット等が付属でです)。これはオークションを使った結果です
 オークションサイトには、楽天市場ヤフーが有名なところですが、私の好みはヤフーの方です。
 オークションをやってみるとちょっとハマルところが確かにありますネ(^_^.)。私がヤフーを気に入ったのは、登録数が多いということもありますが、検索・参加者の評価・連絡等のシステムが、良くできているからです。ただ、一般には落札額がわからないようになっていますので、何回か様子を見ておいて、時間ギリギリのところで、入札するのがポイントです。

中央がザウルスMI−310。黒いのは、ソフトケースです。
PHS(パルディオ611S)がインターネットとの仲介です。
左下がコンパクトフラッシュとアダプターで
パソコンとの仲介をしてくれます。

 その他様々なサービスがインターネットを通じて提供されています。ホテルの予約もそうですね。つい先日はネットバンクも立ち上がりましたネ。ネット上では、価格も手数料も全て通常のものより割引になっています。これを使わない手はないでしょう。


 中心市街地活性化計画等、各地の中心市街地とのつき合いもあるのですが、多くの計画が商圏しか見ていないのは本当に不思議なことです。商圏人口数十万人を大切にするのはもちろん重要なことですが、全国でゆうに1000万人を超えるネット人口を、なぜ本格的に相手にしようとしないのでしょうか?今のようなやり方では決して本気でやっているとは、私にはとても思えないのです。もっといろいろなやり方があるのに.....と思います。
 
限られたパイの中でシェア競争を繰り広げるより、無限の市場(もちろん限界はあるのですが...今「夢幻」と変換もされましたし(^_^;))の中できちんとした戦略を展開する方が、新しい顧客の獲得の可能性ははるかにあるにのと思っているのですが...。その方が、中心市街地の活性化ではないかもしれませんが、少なくとも店舗や商業の活性化にはなる筈だと思うのですがいかがでしょうか?

2000年(平成12年)10月17日 忙しさの中の息抜きとして

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO