2001年3月号:インターネット回想



 最近、どうも精神的に忙しく、ゆっくり書いていられません。

 今回は、雑談です。

*  *  *  *  *


 先日のことです。横浜市教育委員会から教育に利用できるコンテンツとして、私のこのサイトを教育用として使わせて欲しいとのメールが飛び込んできました。

 もちろん、私としては異存があるわけではないので、OKの返事をしておきましたが....。

 きっと、まちづくりに関する専門家としてのいろいろなテーマとそのアプローチが参考になると考えていただいたのでしょう。とんだところで役に立つこともあるのが、こんなネットの面白いところです。

 

 それはそれで結構なのですが、この話しで昔のことをふと思い出してしまいました

 昔、横浜市の土地利用計画についてのコンテンツを掲載していたことがありました。それが日経アーキテクチャーで紹介されてしまい、市の担当者の目にとまることになりました。

 そして、クレームの電話が入ったのです。掲載されていた内容は大したことないのですが、インターネットの普及の初期ですから、役人としてはその影響が心配だったのでしょうか?

#実際にはどうってことない、というのは経験すればすぐにわかることなんですが。

#今は、そのデータもわけがわからないような処理が施され、忘れられたような存在になってこのサイトのどこかに眠っているはずです。

 

 考えてみればインターネットも昔とは随分違った使い方になってきたものです

 今でもネットサーフィンという言葉は生きているのでしょうが、今の使い方は概ね次のようなものでしょうか?以下は私の例ですが、使ってくればすぐにそうなるはずです。

 

   #まあ、これで大抵の要件は足りますね。

   #同じようなソフトとして、Macでは、「シャーロック(検索ソフト)」、
    「ニューノートパッド(ブックマークも含めてメモを管理できる)」など
    を使用しています。

 

 日常的には使うサイトもかなり絞られてきているので、「ホワイトページ」にすでに登録されているサイトの中から適宜選択して使う程度でしょうか?

 ただ、最近はザウルスを使い始めているので、これの関連のサイトをめぐることはちょっと多くなってきましたが、これも一時のものでしょう。

#今はちょっと忙しくなってしまったので、気晴らしですね。

 

 明後日には、自宅のISDNもようやく24時間接続になることになりました。以前、56Kのモデムが出てきたとき、アナログ回線ではこれ以上のスピードアップは不可能だと判断して、安心してISDNに乗り換えたものです。それが今や立場が逆転です。アナログ回線のADSLの方が1.6Mbpsと、ISDMの64Kbpsの20数倍も早いのですから、いやになってしまいます。

 

 久しぶりに鹿児島に向かう機中で、ザウルスの音楽を聞きながらこれを書いています。
#やっぱり移動中の飛行機の中が、こんな作業には最も向いていそうです。
#下の写真の右側の小さなボックスはビデオレコーダーです。下のカードの中に、
 最大4時間分の録画ができます。驚きですね。

 つい数日前には、プロアトラス(DVD全国版)からザウルスに主要な仕事場所の地図をとりこみました。ディスプレイ画面を1面とっても約1Mbしかありませんから構余裕です。ザウルスの場合、1万分の1〜2万分の1のデータが最も使いやすいような気がしますね。

    ↓ これはちょっとお遊び(^^;。

        

 

2001年(平成13年)3月11日  鹿児島への機中で

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO