1996年5月号


 あわただしい年度末60日が過ぎました。しかし、これからもまだ1ヶ月程は年度末が続きます。

 4月における最大の事件は何と言っても「税務調査」でしょう。
 私たちの業界では、自治体がクライアントとなることが多いので、指名参加願いを提出するためには赤字企業としておくわけにはゆきません。そんなわけで、売上げの変動に拘わらず少しずつ税金を納めることになるので、税務署としてはその気になりやすいのかもしれません。
 今回も、手ぶらで帰っていただきました。(ホッ!(^-^))

 本年度も自治体の財源が厳しい中で、当社もしばらく厳しい環境の中で仕事をすることになりそうです(皆さんよろしくお願いしますネ)。ぼちぼち出て来つつある仕事としては、どうも本年は景観関係の仕事が多くなりそうな気配を感じます。

 多少ホームページの作成にも慣れてきて、カウンターをつけてみました。しかし、まだオープンのアナウンスを本格的にはしていませんので、少ない方々(あなたは貴重な存在なのです)しかアクセスしてくれていません。

 インターネットには、全員が何らかの形で使えるようになってきました。自宅でマックを持つものも少しずつ出てきました。彼らはいずれ在宅勤務をめざしているのかもしれません。

 最近は、池之上もHP200LXを購入してプチプチやっています。
 皆、徐々に情報環境に慣れていっているようです。こうして情報機器をうまく使いこなして、自由な時間の使い方ができ、そして自由な勤務環境ができることは大変良いことだと思います。

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO