1998年8月号:久しぶり




 何だかホームページを更新する気分になれないままいるうちに、いつの間にか半年以上経過してしまいました。
 以前報告したのは、サッカーのワールドシリーズへの出場が決定したことでしたが、その結果も当然のように3戦全敗という結果に終わりました。
 最近、地球環境問題に関して新しい課題が明らかになってきました。「環境ホルモン」のことです。環境ホルモンに関しては様々な本が出版されていますし、テレビでも放映されるようになっているので、皆さんもご存じでしょうが、私としてはまず「メス化する自然」を読まれるようお薦めします。環境ホルモンがいかに発見されてきたのか、その影響がいかなるものかがよくわかります。恐ろしいほどの現実です。
 そうそう、参議院選挙で自民党が大敗を喫し、総理大臣も橋本竜太郎から凡庸だと評価されてしまっている小淵氏に変わったことも覚えておかなければなりません。
 しかし、景気の回復が叫ばれている中で、環境問題がどこかに追いやられてしまうのは困ります。
 環境ホルモンに関しては少なくとも国際的な企業間の協力体制が築かれつつあるようですが、それにしてもどのように間に合わせられるのか心配に思うのは私だけではないでしょう。

*  *  *  *  *

 

 ホームページの更新が随分久しぶりになってしまったのにはあまり深い意味がありません。「いい加減飽きてきた」というのが本当の理由なんでしょう(^_^;)。私自身、一時期の熱気が沈静化していることも確かですが、これは換言すればインターネットが日常化してきたということも言えます。
#私の業界ではインターネットはまだまだなんですが...。

 このあたりで、インターネットの可能性や限界性といったものを考えてみるのもよいかもしれません。

 インターネットの基本機能は、メールとホームページにあるということはどなたにも異論がないと思います。
 メールは私の環境ではすでに日常化しており、移動時間の一部はまさにメールを書くために存在しているほどです。そのためにモバイルをしているわけですから...。ところがその相手は私の業界の人々ではないのです。仕事仲間の多くは通信を身近に行う人が少ないために、せっかくのE-Mailが信頼のおけない通信手段にしかなっていないのです。
 通信は、最も低レベルの人々の会わせなければならない成立しないコミュニケーション手段ですが、今の所、こう言った状況が最大の問題ですね。

 一方、ホームページは、様々な検索手段により巨大な辞典化しています。これだけ多くの人々が無償の努力を傾け、それぞれのホームページに多様な情報を掲載されていることに感謝しなければなりません。
 と同時に、その努力を知ろうとしない多くの人々が、ますます「情報とは殆ど無料」であるかのように錯覚しているように思うのは私だけでしょうか?
 最近、ホームページの更新に対して自分自身熱意が薄れてきたのは、そういう感慨を折に触れ抱くようになったからです。別の言い方をすれば、自分の関心に応じて、自分のペースでやればいいんだと割り切れるようになったのだといってもよいでしょう。

 ということで、これからこのページの更新の頻度は多少落ちるかもしれませんが、よろしくお願いします。

*  *  *  *  *

 このページは、実は夏休みで田舎への帰省のバスの中で書いているものです。(^_^;)

 Windows機を買ったものの、HP200LXの底知れない魅力から逃れられず、このページもそれで書いています。こんなことがこの小さなパソコンでできてしまうのもすごいでしょう。HP200LXのエディターには、ちゃんとHTMLの編集機能も持っているものがあるんですから、...。

*  *  *  *  *

 共立女子短大の講義(半年間)が終了しましたので、その講義原稿もここに掲載しておきましょう。あまりに簡単なものので恥ずかしいのですが、インターネットや通信の初心者には参考になることもあるかもしれません。
 そういえば、この準備のためにホームページの更新がおろそかになったという側面も否定できないですね(^_^;)。

 本日は書くことも定まらないまま書き始めました。その結果の雑談でした。

98年 8月17日(月)

 


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO